お金借りる

初めてお金借りる人でも大丈夫!即日対応で安全なカードローンはココ

初めてお金借りる

「初めてお金借りるのでなんか不安・・・」

 

そんな気持ちではないでしょうか?実際闇金のような怖い業者のトラブルに巻き込まれることもあるので、安全な方法で借りる必要があります。

 

くれぐれも無審査で借入できるような危険な闇金には手を出さないようにしましょう。

 

当サイトでは初めてお金借りる方でも安全に使えるカードローンしか載せていませんので、この中から選べば安全です。

 

アコムの特徴

アコムのCMは見たことがあると思いますが、初めてでも安心の大手カードローンです。

アコムで初めてお金を借りる方は30日間利息ゼロなので、その間に返済すれば負担なしですね。

土日祝日でも審査に対応しています。審査は最短30分で終わり、融資までは最短60分というスピード。急いでいる時には助かります。

50万円までの借入であれば基本的に収入証明はなしでOK。

楽天銀行の口座があれば365日24時間振込に対応してもらえるので楽ですよ。一押しのサービスです。

利息 3.0-18.0%
融資限度額 800万円
評価 評価5
プロミスの特徴

プロミスもCMで見かける大手のカードローンですね。

プロミスで初めてお金を借りる場合、借りた日の翌日を1日目として30日目まで無利息。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要になります。)

その間に返済すれば利息がかからないので安心です。

土日祝でも審査に対応してくれており、審査最短30分、融資まで最短60分とアコムと同じスピード感。

プロミスではカードありとカードなしを選択できるので、カードレスにしておけば家族バレを防ぐことができます。

365日24時間振込可能な瞬フリサービスには三井住友銀行とジャパンネット銀行が対応しています。

利息 4.5%-17.8%
融資限度額 500万円
評価 評価5
SMBCモビットの特徴

平日の14:50までに契約が済んでいれば、即日融資が可能です。ですので急ぎの場合には早めに審査の依頼を出しておく必要があります。

ネット完結申込をすれば、会社への電話連絡がないので会社バレを防ぐことができます。郵送物もないので家族バレも安心ですね。

ネット申込の入力項目も少ないので、素早く申込が可能です。

まずはネットで審査の依頼だけ出しておけば、スムーズに借りることができます。

利息 3.0-18.0%
融資限度額 800万円
評価 評価5
アイフルの特徴

定期的な収入があればフリーターや主婦の方も申込できます。(無職や専業主婦の方は申込できません。)

アイフルで初めてお金を借りる人は30日間無利息なので安心ですね。

アイフルでの利用限度額が50万円以下で、他社も合わせた合計も100万円以下であれば収入証明書なしで借りることができます。

即日融資にも対応しているので、急いでいる場合にはネットで審査の申込だけ済ませておくとスムーズです。

利息 3.0-18.0%
融資限度額 800万円
評価 評価5

 

初めてお金を借りる人へ|借りるまでのスムーズな流れを解説

お金を借りるまでの手順

審査に通過しなければお金を借りることはできません。

 

審査は最短でも30分かかるので、まずはお金を借りたいと思ったらすぐにネットで審査の申込をするのが一番スムーズな方法です。

 

無人契約機に行って審査の依頼をすることもできますが、必要書類が無ければ取りに帰らなければいけません。また誰かが無人契約機に入っていれば終わるまで待つ必要がありますし、自分しかいなくても審査中は無人契約機で待つ必要があります。

 

誰かにバレてしまう可能性もありますので、無人契約機にいる時間は短くしたいですよね。

 

ネット上で審査の依頼をしておけば、審査中は自分は自由に行動できます。審査に通ったら無人契約機でカードを受け取って、ATMで引き出すというのが一番良い流れだと思います。

 

またアコムであれば楽天銀行、プロミスであれば三井住友銀行かジャパンネット銀行というように提携銀行があります。その提携銀行の口座を持っていれば、無人契約機に行かなくても365日24時間銀行への振込で融資をしてもらえます。

 

口座を持っているなら、審査に通った後に、振込依頼をしましょう。そうすれば無人契約機に行く手間も省くことができます。誰かにバレるリスクも減らせますよね。

 

無審査で即日融資してくれる消費者金融は危険!

無審査で即日融資は危険

消費者金融の中には、審査不要で即日融資を行うことを謳い文句に営業しているところがあります。これは金銭的に困っている立場からすると条件が良く感じるかもしれませんが、危険な誘惑なことを理解しておかなければいけません。

 

本来なら審査を行い確実に返済ができる相手なのかチェックされるところ、無審査で通すということは裏があるのが通常です。例えば法外な取り立てを前提に貸し付けを行い、返済ができなくなった時には違法な手段で身ぐるみを剥がそうとしてきます。親族や会社などにもお構いなしに脅しや取り立てを行うこともあり、周りの人間も巻き込んで被害を拡大させていきます。

 

あるいは、融資を行うと言いつつも、逆に金品を騙し取ってくることもあります。例えば融資をするための条件として携帯電話を契約させ、その携帯電話の買取額で融資を行うと言いつつ連絡が取れなくなったり、お年寄りの年金を担保に融資を行い、業者は年金を奪い続けるといった手口も存在します。

 

お金に困っているところに付け込み、あの手この手で逆にうまい汁を吸おうとするのが、無審査でお金を貸すと謳う消費者金融の正体です。次々に新たな手口が生み出されているために、周知される前に騙されるケースもありますので、無審査を謳っていたら怪しいと疑う姿勢が大切です。

 

お金を借りるときの仮審査と本審査は何が違う?

仮審査と本審査の違い

お金を借りるときには2つの審査があり、それは仮審査と本審査です。本審査に通過すれば借入が可能となり、最初から本審査のみを受けることが可能ですが、落ちてしまうと再チャレンジはできません。ローンの審査は基本的に一発勝負であり、一度落ちてしまうと他社からも借りるのが難しくなります。個人信用情報に登録されてしまうので、他社が情報共有をできるためです。審査に落ちることなくスムーズにお金を借りるためには、事前に仮審査を受けておくのがコツです。

 

仮審査のメリットは個人信用情報とは無関係なことで、何度でもチャレンジすることができます。そもそも個人情報を入力する必要がないので、金融機関に氏名や住所・電話番号などがバレることはありません。仮審査は簡易的な内容になっており、3〜5項目程度に入力するだけでお金を借りることができるか診断できます。100%の精度ではありませんが、仮審査をパスできれば本審査も80%以上は通過できると言われています。

 

お金を借りるためには無理をしない希望額の設定がポイントになるので、高額を設定するのはおすすめできません。借りるだけ借りようと考えている方は審査に落ちやすいので注意してください。最小限の借入に抑えるように工夫する人が通過しやすいため、例えば漠然と50万円を希望するよりも、シミュレーションをした上で30万円に抑えたほうが借りやすくなります。高額融資を受けるよりも、審査にパスすることを考えてください。

 

お金を借りるには安定した収入が必要だけど就職後何か月くらいで借りられる?

就職後何か月でお金借りれる?

社会人になると親元から離れて生活を始める人が多いため、家賃や生活費などがかさんできます。銀行や消費者金融のカードローンは、カードを一枚持っていると利用限度額の範囲であれば、何度もお金を借りることができるので、審査を受けたい人が増加しています。

 

新社会人の人は勤続年数が短いため、カードローンの審査に受かるか不安を持たれている人が多く、就職後何か月ぐらいで利用できるか知っておく必要があります。消費者金融や銀行などの金融機関は、貸し倒れのリスクを避けるために安定した収入があるのを、条件に厳しい審査を行っています。

 

最低でも就職後は半年を過ぎてから、カードローンの審査を申し込んだほうが良いでしょう。正社員に比べると、パートや派遣、フリーターなどの雇用が安定していない人は、審査に不利になってしまいます。カードローンでお金を借りる場合は、就職後1年ぐらいを経過してから、申し込んだほうが審査に通りやすくなります。

 

安定した収入があり勤続年数が長い人は金融機関の信頼も厚いため、問題なく利用ができます。カードローンは店頭に足を運ぶ必要がなく、インターネットや電話からも申し込みができますが、確実に審査に受かるためには一定期間を過ぎてから、申し込むのがお勧めです。

 

家族にバレずにお金を借りるにはどうすればいいの?

家族にバレずにお金借りる

キャッシングやローンを申し込みたい時、家族に知られたくない方は沢山いらっしゃるでしょう。相談せずに大きな買い物をする時、思い切って会社を立ち上げる時…事前に相談しないでお金を借りるとなれば、後ろめたい気持ちにもなりますよね。万が一バレてしまった時は家庭内のトラブルを招いてしまうケースだって少なくありません。

 

しかしパートナーや家族にバレずにお金を借りる事は出来ます。金融機関では利用者が安心して利用出来るよう、要望やニーズに出来る限り応えているのです。電話連絡を一切しない申し込みが出来たり、郵送物をなくすための自動契約機だって設置してあります。周囲にバレてしまう原因の多くが郵送物なので、消費者金融からの発信をしないようにこっそり借りる事は十分に可能なのです。特に銀行系のカードローンならキャッシングと一体化する事が出来ますし、クレジットカードにもキャッシングサービスがある事が多いですよね。

 

とはいっても、金額が大きかったり返済できるような額ではないと、滞納してしまう可能性もあります。返すべきものは期日に送れず支払いましょう。いずれご家族に迷惑をかける事態にならないように、計画的に動くのが何より大切です。

 

更新履歴